【トレンドブログ】イベント系記事はネタに困らない!メリットと探し方!

 

ブログ
初心者

トレンドブログでイベント系記事を扱うのはどうなのか知りたい。ネタの探し方も教えて。

 

このような悩みを解決する記事を書きました。

 

この記事でわかること
  • イベント系記事とは
  • イベント系記事のメリット
  • イベント系記事のネタの探し方

 

などがわかります。

 

シュガー

こんにちは!シュガーです。今回はトレンドブログでイベント系記事を書くメリットとネタの探し方を徹底解説していきますよ。

 

もし、あなたがトレンドブログで「アクセスがなかなか集まらない」「記事執筆が進まない」「ネタがない」などの悩みがあるのでしたら、ぜひイベント系記事をおすすめします。

 

イベント系記事をおすすめする理由を詳しく解説していきますので、ぜひ最後まで読んでイベント系記事を取り入れてみてください。

 

それでは解説していきます。

 

トレンドブログのイベント系記事とは?

イベント系記事

トレンドブログでアクセスを集めるネタの一つにイベント系記事があります。

 

イベント系記事とは、全国各地で行われているイベントを開催前や開催中にその詳細記事を出すことによってアクセスが見込める記事の事です。

 

あなたもきっと、イベントに行く前にはネットで調べてからいくことが多いのではないでしょうか。

 

そのようなユーザーのためになる記事を作ろうという事ですね。

 

イベント系記事にはメリットもたくさんあっておすすめできるので、メリットや探し方を知るためにも読み進めてみてください。

 

トレンドブログでイベント系記事を書くメリット

イベント系記事のメリット

トレンドブログでイベント系記事を扱うメリットは実にたくさんあります。

 

トレンドブログで稼ごうと思ったらアクセスを集めることが大前提にありますが、イベント系記事ですとアクセスが集まるのはもちろんのこと、それに加えて記事執筆も楽に出来てしまいます。

 

イベント系記事を書くメリット
  1. 記事ネタが無くなることが無い
  2. 記事を使いまわせる
  3. 独自性のある記事に仕上がる

 

順に見ていきましょう。

 

① 記事ネタが無くなることが無い

イベントは毎日と言ってもいいぐらい全国各地で開催されています。

 

イベントと言っても、都市部でやるような大規模なものから地方でやるような小規模なものまで、実にたくさんあるので、まずネタがなくなるなんてことは起こりえません。

 

考えられるイベントをざっと以下に挙げてみます。

 

イベントの種類
  • 【お祭り】
    季節ごとの祭り・伝統の祭り
  • 【各種ショー】
    キャラクターショー・ファッションショー
  • 【各種フェス】
    音楽フェス・フードフェス・コスプレフェス
  • 【イルミネーション】
    ライトアップ・夜景イベント
  • 【花火大会】
    花火大会・花火競技大会
  • 【フリーマーケット】
    フリマ・バザー・○○市
  • 【ゲーム関連イベント】
    eスポーツ・ゲーム大会・宝探し・ビンゴ大会
  • 【各種ショップイベント】
    商業施設のイベント・フェア・バザー・セール
  • 【音楽イベント】
    コンサート・ライブ・音楽会・オペラ・ミュージカル

 

ここでは書ききれないほどまだまだあります。

 

シュガー

これだけイベントがあれば記事を書くことに困りませんね。

 

② 記事を使いまわせる

さらに、このようなイベントは毎年行われるものが大半なので、年数と内容を少し手直しして使いまわせるところもいいところです。

 

過去に行われたことのあるイベントならば、過去の検索キーワードも参考に出来るので、キーワード選定もそれほど悩まず決められるでしょう。

 

毎年行われるイベント系記事を作ってしまえば、また翌年も翌々年も記事を使いまわせるので、記事が無駄になりません。

 

シュガー

イベント系記事を増やせば増やすほど過去記事を使いまわせるようになるので、イベント系記事はおすすめですよ。

 

③ 独自性のある記事に仕上がる

イベント系記事は、公式サイトにあるような日時やイベント内容だけを紹介するだけでなく、感想や体験談も織り交ぜることができ、独自性のある記事に仕上がります。

 

自分が参加したことのあるイベントならば、その時の体験談を交えることができますし、参加したことが無ければ、TwitterなどのSNSでの感想や体験談を載せることができます。

 

このような実際に参加した人の感想や体験談を載せている公式サイトはあまりありませんので、それだけで他の記事との差別化が図れるのです。

 

イベント系記事ネタの探し方

イベント系記事の探し方

イベントはとにかく全国各地で毎日開催されるので、それらをひとつひとつ見ていったらキリがありません。

 

ですのである程度、イベントを選ぶ基準を作って絞り込んでからリサーチするといいでしょう。

 

どんなイベントを選べばいいか

イベント系記事だからと言っても、あまりにも大きなイベントは、ライバルが多い上にとても強いので、避けた方が無難です。

 

逆にあまりにもニッチなイベントになると、上位表示できたとしても検索需要がないのでアクセスは見込めません。

 

検索需要はキーワードプランナーなどで調べると簡単にわかるのでその都度調べてみましょう。

 

他にも選び方として、一日しか開催されないイベントよりも、数日間にわたって開催されるイベントの方が期間が長い分アクセスが集まりやすくなります。

 

このような基準を作りイベントを探してみましょう。

 

イベントはどこから探すのか?

どんなイベントを選べばいいのか分かったところで、次はそのようなイベントをどうやって探すのかを解説していきます。

 

以下のような所からネタになりそうなイベントを探していきます。

 

イベントの探し方
  1. 雑誌から探す
  2. フリーペーパーから探す
  3. Webサイトから探す
  4. 自身の経験、身近な人の体験談から探す

 

順に見ていきましょう。

 

雑誌から探す

旅行雑誌や地域に特化したタウン情報誌などで探していきます。

 

イベント系記事ネタを探せる雑誌
  • ○○ウォーカー
  • タウン情報誌
  • じゃらん
  • るるぶ

 

このような雑誌から、「これから開催されるイベント」「開催中のイベント」「話題のイベント」「穴場イベント」などがわかります。

 

コンビニや書店で購入するのもいいですが、購入費用や数が増えてくれば置き場所なども考えなければなりません。

 

そんなの気にならないという方は構いませんが、今は「定額雑誌読み放題サービス」で読むほうがお得です。

 

定額雑誌読み放題サービスならば、月額もリーズナブルで、数多くの雑誌を読むことができるのです。

 

有名どころとして2社紹介しておきます。

 

定額雑誌読み放題サービス
  • 楽天マガジン
    月額418円(税込み)で900誌以上が読み放題
  • dマガジン
    月額440円(税込み)で1,200誌以上が読み放題

※初回31日間は無料で利用できるので記事ネタ探しに使えるかどうか、試してみるのもいいと思います。

 

もし過去に行われているイベントで毎年開催されるようなイベントだったならば、イベントの内容は似た内容になることが多いので、過去の雑誌でも十分使えます。

 

フリーペーパーから探す

無料で持ち帰れるフリーペーパーなどからもネタが拾えます。

 

フリーペーパーはその地域ごとの情報や身近な生活情報、さらにイベント情報なども掲載されているのでこういうものも活用するといいでしょう。

 

フリーペーパーは主に、スーパーやコンビニ、駅や飲食店、書店や宿泊施設などに置かれていることが多いです。

 

Webサイトから探す

Webサイト上には、イベント情報をまとめているサイトが数多くあります。

 

以下のサイトからいくつかピックアップしてブックマークしておきましょう。

 

イベント情報まとめサイト

 

このようなサイトから全国のイベントをチェックして記事ネタになりそうなイベントを探していきましょう。

 

自身の経験、身近な人の体験談から探す

自分がイベントに参加した経験を記事にすることができれば、独自性の高い記事になりライバルサイトとの差別化を図れます。

 

また、自分が参加していなくても、家族や身近な人の体験談でもいいですね。

 

そういった実際にイベントに参加したことのある人のリアルな体験談が質のいい記事へと繋がります。

 

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ここまでイベント系記事のネタ探しについて解説してきました。

 

まとめて終わります。

 

イベント系記事のメリットは以下の通り。

 

イベント系記事を書くメリット
  1. 記事ネタが無くなることが無い
  2. 記事を使いまわせる
  3. 独自性のある記事に仕上がる

 

どんなイベントを探すかについては以下の通り。

 

どんなイベントを探すか?
  • あまりにも大きなイベントは、ライバルが多い上にとても強いので、避けた方が無難。
  • 逆にあまりにもニッチなイベントだと、上位表示できたとしても検索需要がないのでアクセスは見込めない。
  • 一日しか開催されないイベントよりも、数日間にわたって開催されるイベントの方が期間が長い分アクセスが集まりやすい。

 

そしてそのイベントはどこから探すのかは以下の通り。

 

イベントの探し方
  1. 雑誌から探す
  2. フリーペーパーから探す
  3. Webサイトから探す
  4. 自身の経験、身近な人の体験談から探す

 

となっています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

シュガーでした。