【トレンドブログ】記事ネタの探し方!闇雲に探さず的を絞る!

 

ブログ
初心者

トレンドブログの記事ネタがどうしても浮かばない。探し方のコツとかあったら教えて

 

このような悩みを解決する記事を書きました。

 

この記事で分かること
  • 記事ネタを絞って探す方法
  • ネタに需要があるかどうかの判断方法

 

この記事では、トレンドブログの記事ネタがどうしても浮かばないという方のために、どうすれば簡単にネタを探すことができるのかをまとめた記事になっています。

 

ぜひ最後まで読んで効率のいいネタの探し方を身につけちゃいましょう。

 

それでは早速やっていきます。

 

記事ネタをある程度絞って探す方法

記事ネタを絞って探す方法

TwitterやWebサイトなどで、話題になっている事ばかりを探すのもいいですが、角度を変えたリサーチも重要になってきます。

 

ここでは、闇雲にトレンドを探すのではなく、ある程度ネタを絞って探していく方法を解説します。

 

ネタの探し方 参考例
  • 店舗情報からトレンドを探す
  • イベントからトレンドを探す
  • テレビ番組表からトレンドを探す
  • 季節・行事からトレンドを探す

 

順に見ていきましょう。

 

店舗情報からトレンドを探す

店舗ネタとは下記のような情報を記事にしていくネタになります。

 

店舗ネタ 例
  • 新しくできる店舗の情報
  • 閉店セール情報
  • 人気のお店のメニューや料金
  • 人気のお店の混雑状況

 

このような、話題になりそうな店舗、または既に話題になっている店舗情報を記事にしてアクセスを集めていくという事ですね。

 

そしてなにより店舗ネタは、他のトレンドネタに比べてライバルが少ないです。

 

ライバルが少ないのに毎日どこかしらで店舗が開店、閉店していて、ネタが尽きることはないので、アクセスを集めるのにはもってこいのネタなんですよね。

 

店舗ネタについてはこちらの記事で詳しく解説してあります。

 

イベントからトレンドを探す

イベントは毎日と言ってもいいぐらい全国各地で開催されています。

 

イベントと言っても、都市部でやるような大規模なものから地方でやるような小規模なものまで、実にたくさんあるので、まずネタがなくなるなんてことは起こりえません。

 

考えられるイベントをざっと以下に挙げてみます。

 

イベントの種類
  • 【お祭り】
    季節ごとの祭り・伝統の祭り
  • 【各種ショー】
    キャラクターショー・ファッションショー
  • 【各種フェス】
    音楽フェス・フードフェス・コスプレフェス
  • 【イルミネーション】
    ライトアップ・夜景イベント
  • 【花火大会】
    花火大会・花火競技大会
  • 【フリーマーケット】
    フリマ・バザー・○○市
  • 【ゲーム関連イベント】
    eスポーツ・ゲーム大会・宝探し・ビンゴ大会
  • 【各種ショップイベント】
    商業施設のイベント・フェア・バザー・セール
  • 【音楽イベント】
    コンサート・ライブ・音楽会・オペラ・ミュージカル

 

ここでは書ききれないほどまだまだあります。

 

これだけイベントがあれば記事を書くことに困りませんね。

 

イベント系記事については以下の記事で詳しく解説していますので、気になった方はこちらをどうぞ。

 

テレビ番組表からトレンドを探す

テレビ番組ネタとは、下記のような情報を記事にするネタになります。

 

テレビ番組ネタ 例
  • TVに出演している芸能人や著名人
  • TVで取り上げられるお店や場所
  • TVで取り上げられる出来事
  • TVで取り上げられる商品

 

つまり簡単に言うと、テレビ番組ネタは「放送されたときに話題になりそうな事・注目されそうな事」を先回りして記事を書き、放送されたときにアクセスが集まるネタということですね。

 

テレビ番組表というものが存在していて、一週間先まで放送される番組がわかるわけですから、これを使わない手はありません。

 

他にメリットもたくさんありますので、トレンドブログでアクセスを大量に集めたいならばテレビ番組ネタを扱いましょう。

 

テレビ番組ネタについてメリットや探し方など、更に詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

 

季節や行事からトレンドを探す

季節ネタとは、以下のような毎年やってくる季節の行事などを記事にしてアクセスを集めていくネタの事です。

 

季節ネタ 例
  • 入学式・卒業式
  • 春休み・夏休み・冬休み
  • ゴールデンウイーク
  • お盆
  • 海水浴
  • ハロウィン
  • クリスマス
  • 年末年始
  • バレンタインデー
  • ホワイトデー

など。

 

このような行事は毎年同じ時期に必ずやってくるわけですから、それを見越して記事を書いていけばいいわけです。

 

ですので、ゆっくり時間を取って記事が書けますし、なにより毎年安定した検索需要があります。

 

季節ネタについてはこちらの記事で詳しく解説してますので気になった方はどうぞ。

 

ネタに需要があるかどうかの判断基準

需要判断基準

記事ネタに出来そうなネタというのは、突然降ってきたりしないので、自分で探す必要があります。

 

ネタの種類や探し方の基本はこちらの記事でご確認ください。

 

では、どんなネタを記事にするのか?という事になってくると思いますが、記事ネタを探すうえでの大前提に、「注目されている」「需要がある」ものを狙うということを意識しましょう。

 

当たり前のことだと思うかもしれませんが、このキーワードは「注目されてるから記事ネタになりそう」「需要がありそう」の段階で記事にしてしまってるケースが多いです。

 

その結果、実際は需要が思ったほどなく、アクセスが伸びないなんてことになってしまうのです。

 

選んだネタが実際に需要があるのかどうかは絶対に調べる癖をつけてください。

 

需要があるかどうかを調べる

需要の調べ方は以下の方法で行いましょう。

 

需要があるかどうかの調べ方
  • 検索窓のサジェストキーワード
  • 関連キーワード・虫眼鏡キーワード
  • Twitterのサジェストキーワード
  • キーワードプランナー

 

注目されているキーワードや需要がありそうだなと思ったネタが見つかったら、まずはサジェストで調べてみます。

 

検索窓のサジェストキーワード

サジェストキーワードとは、GoogleやYahoo!の検索エンジンで検索窓にワードを入力した際、表示される候補キーワードの事です。

 

Googleで検索をかけた時のサジェストがこちら。

 

Googleサジェスト1

 

Yahoo!で検索をかけた時のサジェストはこちら。

 

Yahoo!サジェスト1

 

このように同じワードでも、GoogleにはGoogleの、Yahoo!にはYahoo!のサジェストキーワードが表示されます。

 

サジェストキーワードが少し違うのがわかると思いますが、これはGoogleにはGoogle内の、Yahoo!にはYahoo!内での検索履歴や検索ボリュームなどのデータを元にサジェストキーワードを表示させているからです。

 

検索窓にワードを入力した時のサジェストキーワードの数で需要の有り無しがある程度分かるので、このサジェストキーワードを利用して需要があるかどうか調べていきましょう。

 

検索窓にワードを入力し、サジェストキーワードの数が1つ2つしかないのならば、そのネタには需要がないと判断し、逆に5つ以上あるのであれば、十分に需要があると判断していいと思います。

 

関連キーワード・虫眼鏡キーワード

関連キーワード・虫眼鏡キーワードとは、GoogleやYahoo!の検索エンジンで検索した時に、検索結果の最上部や最下部に検索したワードに関連したワードが表示される機能のことです。

 

Googleでは検索結果の最上部に「他の人はこちらも質問」という項目で、最下部には「関連キーワード」として表示されています。

 

こちらはGoogleで「入学式」と検索した時の関連キーワードの表示です。

 

他の人はこちらも質問

 

検索結果の最下部には「関連キーワード」が表示されます。

 

Google関連キーワード

 

Yahoo!では、検索結果の最上部に「虫眼鏡キーワード」最下部に「関連検索ワード」として表示されます。

 

虫眼鏡キーワードがこちら。

 

Yahoo!虫眼鏡キーワード

 

Yahoo!検索結果の最下部に「関連検索ワード」が表示されています。

 

Yahoo!関連検索キーワード

 

こちらのキーワードもサジェストキーワードと同じように多ければそれだけ検索されているという事ですから、その辺を踏まえて、需要の有り無しの参考にしましょう。

 

Twitterのサジェストキーワード

トレンドネタは、ほとんどが新しく出てきたネタなので、まだ出てきたばかりのネタだとサジェストに出てこないという事が起こります。

 

ですので、サジェストや虫眼鏡などに少ししか表示されなかったとしても、一概に「このネタは需要がない」と判断できません。

 

サジェストに少ししか表示されなかった場合は、それだけで判断せず、Twitterのサジェストもチェックしましょう。

 

今や、何か調べるのに、GoogleやYahoo!で検索するよりもTwitterで検索する人がいるぐらいTwitterでの情報は早いです。

 

GoogleやYahoo!のサジェストや虫眼鏡にキーワードが少なかった場合、Twitterで検索をかけてみます。

 

Twitterのサジェストも一つも出てこない、ツイートもほとんどツイートされていないなら、そのネタには需要がないと判断します。

 

ですが、新しすぎるネタの場合、GoogleにもYahoo!にもTwitterにもサジェストが表示されないという場合もありますので、そんな時は1日~3日ぐらい開けてから再度検索してみましょう。

 

キーワードプランナー

サジェストである程度キーワードが絞れて来たら、次は検索ボリュームを調べましょう。

 

検索ボリュームを調べるおすすめのツールとして、Googleが提供している「キーワードプランナー」というものがあります。

 

キーワードプランナーの本来の用途は、Google広告を出稿するために使うツールですが、キーワードの検索ニーズや検索ボリュームを調べるのにも使えます。

 

狙ったキーワードで上位表示できたとしても、そのキーワードにニーズがなければ、そもそも検索されないのでアクセスも見込めません。

 

ですので、選んだキーワードでもアクセスが見込めるかを知るためにキーワードプランナーを使います。

 

キーワードプランナー

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

 

検索ボリュームがわかれば、そのキーワードで上位表示した時に、どのぐらいの検索流入があるか予測することが可能になります。

 

キーワードの検索ボリュームが多ければ、そのキーワードで上位表示した時に多くの検索流入が見込め、逆に検索ボリュームが少なければ、たとえ上位表示してもアクセスは見込めないという事になります。

 

まとめ

トレンド記事探しまとめ

最後にまとめて終わります。

 

記事ネタはある程度絞って探す方が効率が良いです。

 

ネタの探し方 参考例
  • 店舗情報からトレンドを探す
  • イベントからトレンドを探す
  • テレビ番組表からトレンドを探す
  • 季節・行事からトレンドを探す

 

最新のトレンドをTwitterやWebサイトから闇雲に探すのは骨が折れますので、ざっくりと決めて探していくのも一つの手です。

 

ある程度ネタが決まったらそのネタに需要があるのかどうかを調べましょう。

 

需要があるかどうかの調べ方
  • 検索窓のサジェストキーワード
  • 関連キーワード・虫眼鏡キーワード
  • Twitterのサジェストキーワード
  • キーワードプランナー

 

記事ネタを探すうえで大事なのが、「注目されている」「需要がある」ネタを選ぶという事です。

 

Googleのサジェストキーワードが5つ以上、または虫眼鏡キーワードが5つ以上あれば需要があると判断できます。

 

Twitterのサジェストも確認し、サジェストがいくつか表示されるのであれば、こちらも需要があると判断できます。

 

GoogleやYahoo!のサジェストもTwitterのサジェストも出てこないとなれば、ネタが新しすぎる場合もあるので1日~3日ほど待ってから再度検索してみましょう。

 

ある程度キーワードが決まりましたら、キーワードプランナーで検索ボリュームを調べます。

 

検索ボリュームを調べることにより、そのキーワードで上位表示した場合の検索流入数が、ある程度把握できますので、面倒くさがらずに必ず調べましょう。

 

以上になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

シュガーでした。