【ブログ収益化】成果報酬型とクリック報酬型どっちが稼げる?

 

ブログ
初心者

ブログを収益化したいんだけど、成果報酬型とクリック報酬型ってどっちが稼げるの?

 

このような、ブログ初心者がブログを収益化する際、必ず考える「成果報酬型とクリック報酬型どちらが稼げるか?」という悩みを記事にしました。

 

この記事でわかること
  • 成果報酬型とクリック報酬型とは?
  • 結局どちらが稼げるのか?
  • それぞれ向いているのはどんなブログ?

 

このような事がわかります。

 

シュガー

こんにちは!シュガーです。今回はブログ収益化するにあたって、成果報酬型とクリック報酬型どちらがいいのかを詳しく解説していきます。

 

それでは早速見ていきましょう。

 

まだブログを開設していないという方は、まずはこちらの記事でブログを開設してしまいましょう。

簡単に開設できる方法を詳しく説明していますので参考にしてみてください。

しかも現在キャンペーン中で、かなりお得ですよ!

 

成果報酬型とクリック報酬型とは?

成果報酬型広告

ブログを収益化するには、成果報酬型かクリック報酬型のweb広告を扱う必要があります。

 

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

成果報酬型とは

成果報酬型とは、言葉の通り成果に応じて報酬が支払われる広告の事です。

 

アフィリエイト広告と呼ばれたりもします。

 

※厳密には「成果報酬型広告」と「アフィリエイト広告」は広告を掲載する仕組みや方法が違いますが、「成果によって報酬が支払われる」という点で共通しているので、ほぼ同じものと思っていただいて問題ありません。

 

仕組みとしては、ユーザーがwebサイトに掲載されている広告をクリックし、その広告の商品やサービスを購入または登録したりすることで成果が確定し報酬が発生します。

 

主な成果条件
  • 商品の購入
  • サービスの無料会員登録
  • サービスの有料会員登録
  • アプリなどのダウンロード
  • 口座開設
  • 資料請求

 

などが挙げられます。

 

成果報酬型広告を掲載するには、ASPと呼ばれる「広告を出したい企業とアフィリエイターを繋ぐ仲介業者」に登録すると広告を掲載することができます。

 

成果報酬型広告を扱っているおすすめASPはこちらです。

 

おすすめASP

 

これらのASPは、アフィリエイトで稼いでいるほとんどの人が登録しているASPになります。

 

ASPの登録には、5分もかからないし、無料で登録できるので、この機会に登録しておきましょう。

 

詳しく知りたい方は、こちらの記事でおすすめASPについて詳しく書いていますので参考にしてください。

 

成果報酬型の特徴

成果報酬型広告は、広告を掲載するだけで報酬が発生するようなものではありません。

 

広告がクリックされ、商品やサービスを購入または登録されて初めて報酬が発生するので、クリックされただけで報酬が発生するクリック報酬型広告と比べるとハードルが高く感じるかもしれません。

 

しかし、一件当たりの成果報酬がクリック報酬型よりもはるかに高く、ジャンルによっては、一件成約しただけで数千円~数万円なんて案件もあります。

 

たとえアクセスが少なくても、セールスライティングのスキルが高ければ稼げるところが良いところです。

 

クリック報酬型とは

クリック報酬型とは、言葉の通りWebサイトに訪れたユーザーが、web広告をクリックしただけで報酬が発生する広告の事です。

 

クリック報酬型広告の有名どころと言えばGoogleアドセンスがありますね。

 

Googleアドセンスの他にもクリック報酬型広告を扱っているところもいくつかあります。

 

 

などがあります。

 

クリック報酬型広告は、クリックされた先で何か商品を購入したりサービスに登録してもらう必要がないので、ハードルが低く、ただ単純に稼ぐという経験をするためにここから入る方も多いです。

 

クリック報酬型の特徴

クリック報酬型広告は、クリックされるだけでいいのでハードルは低いですが、全体的に報酬も低いです。

 

一番報酬単価が高い「Googleアドセンス」でさえ、ジャンルやサービスによって差はありますが、1クリック平均20円~40円程度です。

 

※Googleアドセンスのクリック報酬型広告は、ユーザーの閲覧履歴によって広告の内容が変わります。

 

中には1クリック100円を超える高単価のジャンルもありますが、「Googleアドセンス」のクリック報酬型広告はこちらで広告の内容を指定できないため、平均単価は、上記の平均値に収まることがほとんどです。

 

クリック報酬型広告で安定的な収入を求めるには、かなりのアクセスを集める必要がありますので、初心者にはなかなか困難かと思います。

 

成果報酬型とクリック報酬型どちらが稼げる?

どっちが稼げる?

それでは、成果報酬型とクリック報酬型どちらが稼げるのか?ですが、個人的には断然「成果報酬型一択」です。

 

報酬の得やすさで言えばクリック報酬型広告になりますが、ブログを始めて半年~1年ぐらいだと、月1万円を稼ぐのでさえ難しいです。

 

アドセンスブログをやり始めた初心者の方のほとんどが、ここで辞めていってしまうんですね。

 

それほどアクセスを集めるという事は難しいという事です。

 

※クリック報酬型が稼げないと言っているわけではありません。
 やり方次第では初心者でも稼げます。
 クリック報酬型でアクセスを集めて稼ぐ方法はまた別の機会に紹介します。

 

その点、成果報酬型広告なら、セールスライティング(売るための文章)のスキルさえあれば、ブログ初心者でもアクセスが少なくても、稼げるのが良いところです。

 

ですので結論として、ブログを始めたアクセスが少ない時期でも将来的にも、成果報酬型広告の方をオススメします。

 

成果報酬型とクリック報酬型どっちも貼り付けるのはあり?

同じブログに成果報酬型とクリック報酬型の広告を両方貼り付けるのはオススメしません。

 

理由は、クリック報酬型広告(ここではGoogleアドセンス)は、ユーザーの閲覧履歴によって広告の内容が変わるので、クリック報酬型の広告と成果報酬型広告が被る場合があるからです。

 

どういうことかと言いますと、例えばあなたが仮想通貨ブログを作っていたとして、成果報酬型とクリック報酬型の広告を貼るとします。

 

成果報酬型の広告は、仮想通貨ブログならば、仮想通貨取引所の口座開設の広告を貼るでしょう。

 

そこにユーザーが訪れ閲覧すると、同じく設置していたアドセンス広告は高確率で仮想通貨取引所の口座開設の広告になります。

 

このように、成果報酬型の広告でもクリック報酬型の広告でも、両方仮想通貨取引所の口座開設の広告になってしまう場合があるという事です。

 

そうなると、成果報酬型の広告の方をクリックして登録された場合と、アドセンス広告の方をクリックして登録された場合、報酬に大きな差が生まれるのです。

 

成果報酬型広告から登録されたならば数千円~数万円の報酬なはずなのに、アドセンス広告の方から登録されて1クリック数十円だったなんてことが起きてしまいます。

 

こういうことが起こりえるので、クリック報酬型の広告はあくまでも補助的に使うのがいいでしょう。

 

成果報酬型広告が向いているブログ

先にお伝えした通り、成果報酬型はたとえアクセスが少なくても、セールス力やセールスライティング次第で稼げてしまいますので、特化型のブログが向いていると言えます。

 

雑記ブログのような内容が統一されていないブログですと、関連記事などへ誘導しづらくユーザーの心をつかみにくいため、やはり特化型のブログが向いていると言えるでしょう。

 

クリック報酬型広告が向いているブログ

クリック報酬型広告は単価が低いので、アクセスを如何に集められるかが鍵となってきます。

 

そのため、アクセスが集まりやすいトレンドブログや、まとめサイト・wikiなどはクリック報酬型広告に向いていると言えます。

 

そして大事なことは、アフィリエイトで人気のある高利率ジャンルは避け、商品の購買に直接絡まないジャンルを選びましょう。

 

例えば、「グルメ」「スポーツ」「家事・育児」「歴史」「ファッション」などです。

 

このようなジャンルで記事を書き、トレンドも織り交ぜブログを作っていくのがいいと思います。

 

まとめ

ここまで、ブログを収益化するのに、成果報酬型広告がいいのかクリック報酬型広告がいいのかを解説してきました。

 

結論として、個人的には、ブログを始めたばかりからでも、将来性の面でも成果報酬型広告をおすすめします。

 

しかし、それが絶対に正しいとは言いません。

 

ブログを始めたばかりの時はクリック報酬型広告を使い、わずかでも報酬を得られる経験をし、ブログに慣れてきたら成果報酬型広告に移行していくというやり方もいいと思います。

 

要はどちらも使い方しだいで、稼げるか稼げないかは本人次第なところもあるのが現実です。

 

どちらにしても行動しなければ始まりませんから、この記事を読んで終わりではなく、ぜひ行動に移してください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

シュガーでした。