「雑記ブログ」と「特化ブログ」稼げるのはどっち?特徴や違いを解説

 

ブログ
初心者

ブログを収益化したいんだけど、特化ブログと雑記ブログ、どっちにしたらいいの?どっちの方が稼げるとかある?

 

このようなブログ初心者によくある悩みを解決します。

 

結論から言うと、趣味でブログをやるだけなら「雑記ブログ」、収益化を目指すなら「特化ブログ」がオススメです。

 

この記事でわかること
  • 雑記ブログと特化ブログとは?
  • 雑記ブログと特化ブログの特徴
  • 雑記と特化のメリット・デメリット
  • どっちが稼げるか?

 

などをブログ初心者にもわかりやすいように解説していきます。

 

シュガー

こんにちは!シュガーです。今回は雑記ブログと特化ブログについてですね。詳しく解説していきますよ~

 

まだブログを開設していないという方は、まずはこちらの記事でブログを開設してしまいましょう。

簡単に開設できる方法を詳しく説明していますので参考にしてみてください。

しかも現在キャンペーン中で、かなりお得ですよ!

 

「雑記ブログ」「特化ブログ」とは?

雑記ブログと特化ブログ

ブログは大きく分けると、メインテーマを絞らずに複数のテーマやジャンルの記事を書いていく「雑記ブログ」と、逆にテーマやジャンルを絞って記事を書いていく「特化ブログ」に分けられます。

 

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

雑記ブログの特徴

「雑記ブログ」は、先ほど言った通りテーマやジャンルを絞らずに記事を書いていくブログです。

 

自分の興味や関心の高い情報や、時事情報などバラバラなテーマで自由に記事を書いていくことができます。

 

その時に気になったことや好きな事を記事に出来るので、記事ネタが困ることはなくブログを継続させやすいという特徴があります。

 

特化ブログの特徴

一方「特化ブログ」は、特定のテーマやジャンルに絞って記事を書いていくブログの事で、テーマやジャンルを一つに特化させることから「特化ブログ」と呼ばれています。

 

ユーザーが知りたい情報が、一つのブログに集約されていることから専門性が高まり、検索からの流入も多くなる傾向にありますが、テーマやジャンルを絞るので、記事ネタが枯渇しやすく、ブログを継続しづらい面もあります。

 

雑記ブログと特化ブログのメリット・デメリット

メリット・デメリット

特徴を押さえた所で両方のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

雑記ブログのメリット

まずは雑記ブログのメリットです。

 

雑記ブログのメリット
  1. 好きな事を書けばいいので継続しやすい
  2. トレンド(流行)を扱いやすい
  3. ブログの方向転換がしやすい

 

順に見ていきます。

 

①雑記ブログは「好きな事を書けばいいので継続しやすい」

まず一つ目の雑記ブログのメリットですが、「好きな事を書けばいいので継続しやすい」つまり言葉の通り、記事が書きやすいという事です。

 

自分の好きな事、興味のあることならば、それなりに知識もあるでしょうし楽しいはずですから、ブログ運営を飽きることなく継続していけるでしょう。

 

②雑記ブログは「トレンド(流行)ネタを扱いやすい」

二つ目の雑記ブログのメリットは、「トレンド(流行)ネタや時事ネタを扱いやすい」という事です。

 

トレンドネタや時事ネタを記事にすると、アクセスが集まりやすい傾向にあります。

 

トレンドというぐらいですから、世の中の多くの人がその情報に関心を持っているという事であり、情報を欲しがっているという事ですので、アクセスが集まりやすいと言えるでしょう。

 

雑記ブログですと、好きな事を記事にすることができるため、そういったトレンドネタや時事ネタを扱いやすいのです。

 

③雑記ブログは「方向転換がしやすい」

三つ目の雑記ブログのメリットは、「ブログの方向転換がしやすい」という事です。

 

雑記ブログを続けていく中で、特にユーザーの反応が良かったテーマやジャンルに絞って「特化ブログ」へ移行することも可能です。

 

このように柔軟な対応が出来るのも雑記ブログのメリットです。

 

雑記ブログのデメリット

それでは逆に雑記ブログのデメリットを見ていきましょうか。

 

雑記ブログのデメリット
  1. ブログの専門性を高めにくい
  2. SEOの面でやや弱い
  3. 収益化しにくい

 

こちらも順に見ていきます。

 

①雑記ブログは「専門性を高めにくい」

一つ目の雑記ブログのデメリットは、「ブログの専門性を高めにくい」という事です。

 

これは好きな記事を自由に書ける分、テーマやジャンルがバラバラになるため、専門性に欠けてしまいます。

 

専門性が出ていないブログだと、ユーザーからの信頼を得にくく、評価されにくい傾向にあります。

 

②雑記ブログは「SEOの面でやや弱い」

二つ目の雑記ブログのデメリットは、「SEOの面でやや弱い」という事です。

 

SEOとは、検索エンジン最適化と呼ばれるもので、ブログを検索上位に表示させるための施策の事。

 

要は、SEOの面で弱いとは、検索からの流入が少なくなることを意味します。

 

GoogleやYahoo!の検索エンジンは、Webサイトの専門性・信頼性・権威性を重要視しますので、これらが高いサイトほど検索で上位表示するというわけです。

 

雑記ブログは、テーマやジャンルが定まってないため専門性や信頼性、権威性などが生まれにくく、SEOの面では不利と言えるでしょう。

 

③雑記ブログは「大きく収益化しにくい」

三つ目の雑記ブログのデメリットは、「大きく収益化しにくい」ところです。

 

これも先に解説した通り、雑記ブログは、さまざまなテーマやジャンルを扱うため、専門性・信頼性・権威性が生まれにくく、記事のテーマやジャンルもバラバラです。

 

すると集まってくるユーザーも属性(悩みやニーズ、年齢、性別、職業、収入など)がバラバラになりやすいのです。

 

このユーザーの属性が分散した状態では、収益化しにくくなります。

 

ユーザーの属性が分散すればするほど、興味を引く商品を絞れなくなるためです。

 

特化ブログのメリット

雑記ブログのメリット・デメリットがわかったところで、次は特化ブログのメリットを見ていきましょう。

 

特化ブログのメリット
  1. 専門性・権威性・信頼性が得やすい
  2. SEO評価がされやすい
  3. 収益化しやすい

 

順に見ていきます。

 

①特化ブログは「専門性・権威性・信頼性が得やすい」

一つ目の特化ブログのメリットは、「専門性・権威性・信頼性が得やすい」ところです。

 

特化ブログは、テーマやジャンルを絞って網羅することで、専門性が上がり、専門性があると、権威性・信頼性も一緒に構築されやすいのです。

 

②特化ブログは「SEO評価がされやすい」

二つ目の特化ブログのメリットは、「SEO評価がされやすい」という所です。

 

先にお伝えした通り、GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、ユーザーの検索意図を満たす記事を検索上位に表示させます。

 

また、専門性・権威性・信頼性があるかどうかも重要視していますので、それが伴う特化ブログはSEOの面で評価されやすいと言えます。

 

③特化ブログは「収益化がしやすい」

三つ目の特化ブログのメリットは、「収益化がしやすい」所です。

 

収益化しやすい理由はいくつかありますが、まず一つあげますと、先ほどのメリット②で、特化ブログはSEO評価がされやすいとお伝えしましたが、それが収益化しやすいことに繋がります。

 

SEO評価がされやすいということは、検索上位に表示されやすいため、それがアクセス数の安定に繋がり、その分収益が出しやすくなるということになります。

 

さらに、テーマやジャンルを絞っている特化ブログでは、ブログにアクセスしてくるユーザーの属性(悩みやニーズ、年齢、性別、職業、収入など)も特定されます。

 

アクセスしてくるユーザーが特定できるという事は、悩みやニーズを把握しやすく、それを解決に導くための商品やサービスを紹介しやすくなるため、収益化しやすいと言えるのです。

 

特化ブログのデメリット

それでは、逆に特化ブログのデメリットに移ります。

 

特化ブログのデメリットはこちらです。

 

特化ブログのデメリット
  1. 専門知識が必要
  2. ジャンル選定が難しい
  3. 競合が強い

 

こちらも順に見ていきましょう。

 

①特化ブログは「専門知識が必要」

一つ目の特化ブログのデメリットは、ブログを書くためにある程度の「専門知識が必要」という事です。

 

特化ブログでは、信頼性が非常に重要です。

 

特化ブログだからと言って、ただテーマやジャンルを絞ればいいというわけではありません。

 

いくらテーマやジャンルを絞っても、その分野の専門知識がないまま記事を書いたのでは、信憑性がない記事になってしまいます。

 

ですので、記事に取り掛かる前にある程度の専門知識が必要になるため、リサーチが必要になってきます。

 

記事執筆前にリサーチし、その分野を初心者の方に教えられるぐらいには詳しくなる必要があるということです。

 

②特化ブログは「ジャンル選定が難しい」

二つ目の特化ブログのデメリットは、「ジャンル選定が難しい」という所です。

 

これはどういうことかと言いますと、選んだジャンルの範囲が広すぎると特化性が薄れますし、逆にジャンルの範囲が狭すぎる(ニッチなジャンル)と、需要がなくアクセスがないなんてことになってしまいます。

 

ジャンルを決めて特化ブログを作り始めたはいいけど、途中で「売る商品やサービスがない」なんてことになっても、そこから方向転換が難しいのも特化ブログのデメリットでしょう。

 

そうならないためにも、特化ブログを始める前には十分に戦略を練ってスタートすることが必要です。

 

③特化ブログは「競合が強い」

三つ目の特化ブログのデメリットは、「競合が強い」傾向にあります。

 

特にお金に関わるテーマやジャンルは、大手の企業サイトが参入してきますので、競争は激しくなります。

 

徹底した市場リサーチをし、精度の高いキーワード選定で高品質な記事を書いていかなければ、個人ブログでは到底太刀打ちできません。

 

特にYMYLジャンル(YourMoney or YourLife)と呼ばれる、お金や健康、法律など、生活に大きな影響を与えるジャンルなどは、信頼性が重要視されるので、企業サイトや公的機関が検索上位を占めてしまいます。

 

※YMYLジャンルは、Googleが厳しいガイドラインを設けており、基本的には「専門性・権威性・信頼性」を満たしているサイト以外は、検索上位表示できないように厳正な評価基準を設けています。

 

収益性が高いジャンルほど、競合が強くなりますので、ジャンル選びには徹底したリサーチ力が必要になってきます。

 

雑記ブログと特化ブログどっちが稼げる?

どっちが稼げる? (1)

さて、ここまで雑記ブログと特化ブログのメリット・デメリットを解説してきましたが、結局のところどっちが稼げるの?という事が重要だと思います。

 

個人的には、冒頭でもお伝えしましたが、趣味でブログをやるだけなら「雑記ブログ」、収益化を目指すなら「特化ブログ」がオススメです。

 

なぜなら、ブログで稼ぐためには「需要があり且つ収益性が大きいテーマやジャンル」に特化することが最も有効な手段だからです。

 

このようなテーマやジャンルでブログを開設し、そのジャンルの読者の悩みを解決していく記事を網羅的に書いていくことでアクセスは徐々に増えていくでしょう。

 

その要所要所で、収益につながるようなキーワードで記事を書いていけば、結果は必ず付いてきます。

 

とはいえ、雑記ブログが全く稼げないと言っているわけではありません。

 

月に1万円~5万円ぐらいなら初心者でも雑記ブログで稼ぐことは可能です。

 

ただそれ以上稼ぐとなると、雑記ブログでは時間も労力もかかりすぎるので、特化ブログをオススメしているというわけです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

最後にもう一度雑記ブログと特化ブログのメリット・デメリットを表にまとめておきます。

 

雑記ブログ

特化ブログ

特徴テーマを絞らず複数のテーマやジャンルの
記事を書いていくブログ
テーマやジャンルを絞って
記事を書いていくブログ
メリット・好きな事を書けばいいので継続しやすい
・トレンド(流行)を扱いやすい
・ブログの方向転換がしやすい
・専門性・権威性・信頼性が得やすい
・SEO評価がされやすい
・収益化しやすい
デメリット・ブログの専門性を高めにくい
・SEOの面でやや弱い
・収益化しにくい
・専門知識が必要
・ジャンル選定が難しい
・競合が強い

 

雑記ブログと特化ブログ、どちらで始めても稼ぐことは可能ですが、収益化のしやすさや将来性の面で、雑記ブログより特化ブログの方をオススメしています。

 

ですが、特化ブログはあとからテーマやジャンル変更が効かないので、始める前段階でのテーマ・ジャンル選定が非常に重要になってきます。

 

そのジャンルの競合はどのぐらいか、案件はどのぐらいあるのか、将来的にどのぐらい稼げるかなど様々な角度でリサーチする必要があるのです。

 

シュガー

稼げる市場をリサーチし、その市場のニッチを見つけることができれば、後発組でもまだまだブログで稼げますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

シュガーでした。