【初心者必見】WordPressブログ開設後にやるべき初期設定!

 

副業
初心者
  • WordPressブログの準備をしたい
  • ブログ開設後の初期設定が知りたい
  • 初期設定が終わったら何をするの?

 

このような悩みを解決します。

 

この記事でわかること
  • WordPress初期設定6項目
  • 初期設定後にやるべきこと

 

この記事では、Wordpressブログ開設後にやるべき最低限の初期設定と、初期設定後にするべきことまで、わかりやすく解説していきます。

 

初心者でも躓かないように、画像を交えて丁寧に解説していきますので、この記事を読めば誰でも簡単に初期設定を済ませられます。

 

シュガー

こんにちは!シュガーです。今回はWordpressインストール後「初期設定」ですね。何よりも優先すべきことですので、わかりやすく解説していきますね。

 

ぜひ最後まで読み込み、初期設定を完了させて、ブロガーとしての第一歩を踏み出しましょう。

 

なぜ初期設定が最優先なのか?

WordPressインストール後、すぐに記事を書きたい気持ちはわかりますが、まず何よりも先にやらなければならないことは、Wordpressの「初期設定」になります。

 

「初期設定」が最優先の理由
  • セキュリティ強化
  • SEO対策
  • 見た目や使いやすさの向上

 

最初に適切な設定ができてないと、あとから変更した際に不具合が生じたり、思わぬトラブルが起きたりすることもあります。

 

適切な設定ができていれば、セキュリティの強化やSEO対策にもなりますし、見た目や使いやすさも向上します。

 

シュガー

もちろん、記事も書きやすくなりますよ!

 

メリットしかないので、まずは何よりも「初期設定」を優先させましょう。

 

WordPressの初期設定6項目

WordPressの設定は、細かく見ていくとかなり多くの設定がありますが、最初から細かく設定する必要はありません。

 

何か気になった時にその都度変更すればいいからです。

 

ですので、ここでは後から変更すると不具合が生じたりすることを中心に、最初にやっておかなければならない設定だけを紹介します。

 

すぐ行わなければならない初期設定は以下の6つです。

 

やっておくべき「初期設定」6項目
  1. 一般設定
  2. 表示設定
  3. ディスカッション設定
  4. メディア設定
  5. パーマリンク設定
  6. メタ情報の削除

 

順に解説していきますので、まずはWordpressの管理画面にログインしてください。

 

WordPress管理画面ログイン方法
  • サイトURLの最後に「wp-admin」をつけてアクセス
  • サイトURLの最後に「wp-login.php」をつけてアクセス

 

上記のいずれかでログイン画面へアクセスできます。

 

Wordpress-dashboard-log-in

 

あとは、Wordpressをインストールするときに設定した「ユーザー名」「パスワード」を入力しましょう。

 

入力しましたら、「ログイン」ボタンでWordPressの管理画面(ダッシュボード)にログインすることができます。

 

Wordpress-dashboard

 

①:一般設定

それでは、まず初めに「一般設定」からやっていきましょう。

 

WordPressダッシュボードから、「設定」➡「一般」をクリックします。

 

Wordpress一般設定

 

一般設定で行うこと
  1. サイトタイトルの設定
  2. WordPressアドレス・サイトアドレスの確認
  3. 管理者メールアドレスの設定

 

順に解説していきます。

 

1-1:サイトタイトルの設定

「サイトタイトル」は、自分のブログ名の事です。

 

このブログですと「副業三昧」ですね。

 

サイトタイトルはユーザーに覚えてもらいやすそうな名前や、ブログの内容がわかるような名前が好ましいでしょう。

 

General-settings-site-title1

 

※サイトタイトルの下にある「キャッチフレーズ」は特に重要ではないので、空白で構いません。

 

 

1-2:Wordpressアドレス・サイトアドレスの確認

次は、「Wordpressアドレス」と「サイトタイトル」を見ていきましょう。

 

Wordpress-address

 

「Wordpressアドレス」は、Wordpressがインストールされている場所を、「サイトアドレス」は、Wordpressにアクセスするためのアドレスの事を指します。

 

ここの設定では、「Wordpressアドレス」と「サイトアドレス」を確認してください。

 

そこで、SSL化してあるか、自分で設定したドメインになっているかを確認します。

 

当ブログを読んでブログを開設した方はSSL化が完了していると思います。

 

どちらも、「http://○○」ではなく、「https://○○」になっていれば問題ありません。

 

もし、SSL化を完了させているのに、Wordpressアドレスとサイトアドレスが「http://○○」のままならば、「https://○○」に書き換えましょう。

 

1-3:管理者メールアドレスの設定

管理者メールアドレスを設定をすることで、Wordpressからの重要な通知や、記事へのコメントなどがここに届きます。

 

Wordpress管理者メールアドレスの設定

 

ここには、Wordpressインストール時に設定したメールアドレスが入っています。

 

重要なメールがここに届くので、このブログ用に使用するメールアドレスになってるか確認してください。

 

設定が終わりましたら、スクロールして左下の「変更を保存」を忘れずにクリックしましょう。

 

②:表示設定

続いて、「表示設定」へ移ります。

 

WordPressダッシュボードから、「設定」➡「表示設定」をクリックします。

 

Wordpress-display-settings1

 

表示設定で行うことは一つだけです。

 

「表示設定」で行うこと
  1. 1ページに表示する最大投稿数を設定する

 

2-1:1ページに表示する最大投稿数

「1ページに表示する最大投稿数」とは、ブログのトップページに何記事表示させるかという設定です。

 

Wordpress-表示設定

 

自由に設定して構いませんが、あまり最大投稿数が多いと、ブログの読み込み速度が遅くなったり、ユーザーの離脱に繋がります。

 

ユーザーが飽きない程度の記事数、10記事前後を目安に設定することをオススメします。

 

③:ディスカッション設定

次は、「ディスカッション設定」に移りましょう。

 

WordPressでは、ページごとにユーザーからのコメントを受け取ることができます。

 

「ディスカッション設定」は、そのコメント機能に対する設定になります。

 

WordPressダッシュボードから、「設定」➡「ディスカッション」をクリックしてください。

 

Wordpressディスカッション

 

ディスカッション設定で行うこと
  1. コメント機能をオフにする

 

ここでの設定は、コメントを受け付けるのか受け付けないのかによって設定方法が変わってきます。

 

しかし、コメントを受け取るということは、「スパム」などの迷惑コメントがくることも考慮しなければなりません。

 

個人的な意見になってしまうのですが、始めたばかりのアクセスのないブログにコメントが集まることはほぼないので、アクセスが増えてくるまでは、コメント機能をオフにすることをオススメします。

 

それでは、設定していきましょう。

 

Wordpress-Discussion-settings

 

「新しい投稿へのコメントを許可」チェックを外して、画面を下にスクロールし、「変更を保存」をクリックして終了です。

 

④:メディア設定

続いて「メディア設定」です。

 

メディア設定は、投稿する画像のサイズを指定できます。

 

WordPressダッシュボードから、「設定」➡「メディア」をクリックしてください。

 

Wordpress-setting-media

 

メディア設定で行うこと
  1. 投稿する画像サイズを設定する

 

WordPressでは、記事に画像を貼り付けるときに、「サムネイル」「中」「大」「フルサイズ」からサイズを選べます。

 

ここの「メディア設定」では、「サムネイル」「中」「大」の設定が可能です。

※「フルサイズ」は、アップロードした画像の元のサイズの事です。

 

それぞれの画像サイズを任意のサイズに指定しておけば、画像をアップロードした際、そのサイズに自動生成してくれます。

 

メディア設定のサイズは、Wordpressテーマによってだったり、人それぞれ好みのサイズがあったりしますので、一概にこの設定が正しいというものはありません。

 

どんなサイズがいいのかよくわからないよという人は、下記の設定を参考にしてみてください。

 

Wordpressメディア設定

 

設定しましたら、左下の「変更を保存」をクリックしてメディア設定は終了です。

 

⑤:パーマリンク設定

どんどん行きましょう。

 

続いて「パーマリンク設定」です。

 

パーマリンク設定では、記事ごとに付与されるURLを設定できます。

 

WordPressダッシュボードから、「設定」➡「パーマリンク」をクリックしてください。

 

パーマリンクをクリック

 

パーマリンク設定で行うこと
  1. 記事URLを個別に設定できるようにする

 

「パーマリンク設定」は、SEOに影響する重要な設定です。

 

この設定をすることで、記事タイトルが自動的に記事URLに組み込まれますが、記事投稿画面にて、任意の文字列に変更可能です。

 

管理しやすくなりますし、ユーザーにもわかりやすいURLにすることができるというメリットもありますので、出来る限り早く設定を済ませるようにしましょう。

 

それでは設定していきます。

 

「共通設定」「パーマリンク構造」の中の、「カスタム構造」にチェックを入れ、「%postname%」をクリックします。

 

パーマリンク設定完成品

 

「カスタム構造」の赤枠で囲ったところに、「%postname%」と表示されているのを確認して、「変更を保存」をクリックして設定は終了です。

 

※「変更を保存」をクリックした後は、「投稿名」にチェックが入った状態になりますが、そういう仕様なので問題ありません。

 

⑥:メタ情報の削除

WordPressの初期状態では、デフォルトで「メタ情報」が表示されてしまいます。

 

メタ情報とは、ブログ運営者がログインしたり、管理をしたりするために使われる情報の事です。

 

この「メタ情報」は、ブログ運営者からみれば便利なものかもしれませんが、ブログ訪問者にはまったく不要なものですし、第三者にログインURLなどの情報も見られてしまいます。

 

セキュリティ的にもこのメタ情報を残しておくのはリスクがありすぎますので、非表示設定にします。

 

設定は簡単ですので、今すぐやってしまいましょう。

 

まずは、ダッシュボードの「外観」➡「ウィジェット」をクリックしてください。

 

Wordpress外観ウィジェット

 

「ウィジェット」画面が開いたら、「サイドバー」をクリックしてください。

 

ウィジェットサイドバー

 

「サイドバー」が開いたら、「メタ情報」をクリックします。

 

ウィジェットメタ情報

 

「メタ情報」が開いたら、左下の「削除」をクリックします。

 

ウィジェットメタ情報削除

 

「サイドバー」から「メタ情報」が消えたら削除完了です。

 

メタ情報削除完了

 

これで、メタ情報を非表示に出来ました。

 

  • 「メタ情報」は、基本的に「サイドバー」に入っていますが、テーマによっては名前が違ったり、違う場所に入っている場合があります。見つからない場合は、一旦全てのウィジェットを開いて確認してみましょう。

 

これで、まずはやっておくべき初期設定は終わりです。

 

続いて初期設定後にやっておきたいことに移っていきましょう。

 

WordPressで初期設定をした後にやっておきたいこと

初期設定が終わったら、すぐにでも記事を書きたいと思いますが、ちょっと待ってください。

 

その前に、ブログのデザインを整えたり、使いやすくするためにやっておきたいことを紹介します。

 

初期設定だけで満足せずにこちらもぜひやっていきましょう。

 

初期設定後にやっておきたいこと
  1. WordPressテーマを導入する
  2. プラグインを導入する
  3. お問い合わせフォームを作る
  4. プライバシーポリシーを作成する
  5. ASPに登録する

 

それでは順に見ていきましょう。

 

WordPressテーマを導入する

WordPressでは、「テーマ」と呼ばれるものを導入すると、ブログのカスタマイズが簡単に出来るようになります。

 

他にもブログのデザインが良くなったり、便利な機能があったりして、非常に使いやすくなります。

 

メリットしかないので、ブログをいじる前に「Wordpressテーマ」を導入しましょう。

 

WordPressテーマには有料のものと無料のものがありますが、個人的には有料テーマを絶対に買ったほうが良いと思ってます。

 

有料テーマをおすすめする理由
  • デザインが優れている
  • SEO対策が施されている
  • カスタマイズが簡単
  • コスパが良い

 

有料テーマは、平均的に1万円~1.5万円ぐらいで購入出来て、買いきりなのでずっと使えます。

 

いろんな有料テーマを試してきましたが、初心者ブロガーに最もおすすめしたいのは、「diver」ですね。

 

デザインも良く機能の種類も多いうえに、直感的に操作出来て、完成度が高いテーマだと思います。

 

気になった方はお試しください。

 

 

プラグインを導入する

プラグインとは、簡単に言うと、Wordpressに最初からある機能や、テーマなどで補えない機能を追加してカスタマイズできるツールの事です。

 

スマホで例えるとアプリみたいなものですね。

 

要は、プラグインを導入すると、Wordpressがもっと使いやすくなったり、オリジナリティが出せますよってことです。

 

しかし、いくら使いやすくなるからといって、あれもこれもとプラグインを入れ過ぎると、表示速度が遅くなったり、プラグイン同士の相性が悪くデザインが崩れたりする場合もあります。

 

最近のWordpressテーマはかなり優秀なものが多く、プラグインに頼らなくても、テーマだけでブログ運営に役立つ機能がたくさん搭載されています。

 

ですので、テーマ選びをしっかりやって、プラグインは本当に必要な物だけ導入するようにしましょう。

 

最初に導入すべきおすすめプラグイン

 

この他にもSEO対策でよく使うAll in One SEOというSEOプラグインがあります。

 

最近のWordpressテーマには、内部SEO対策が最初から整っているテーマが多数あります。

 

SEO対策が施されているテーマをお使いでしたら、SEOプラグインは必要ありません。

 

ご自身がお使いのテーマがSEO対策が施されていないのでしたら、こちらも検討してみてください。

 

内部SEO対策が施されているおすすめのテーマにdiverというテーマがあります。

 

高機能で使いやすくデザインも洗練されているので参考にしてみてください。

 

お問い合わせフォームを作る

次はお問い合わせフォームを設置していきます。

 

お問い合わせフォームなんてあったら、「スパムや迷惑メールとかくるかもしれないからいらない」なんて思ってませんか?

 

そのようなスパムなどはブロックすればいいだけですし、お問い合わせフォームを設置することはメリットしかないのでぜひ設置していきましょう。

 

お問い合わせフォームを作るメリット
  • ブログの信頼性が上がる
  • 企業から仕事のオファーがくる
  • 読者やASPからの連絡用
  • 広告サービスの審査に通りやすくなる

 

このようにメリットしかないのでサクッと作ってしまいましょう。

 

お問い合わせフォームを設置するには、Contact Form 7というプラグインを使っていきます。

 

まずは、WordpressにContact Form 7をインストールし、有効化してください。

 

有効化すると、Wordpressダッシュボードのメニューに「お問い合わせ」の項目が追加されます。

 

初めから「コンタクトフォーム1」というフォームがありますので、そこにあるショートコードをお問い合わせを表示させたいページに埋め込めば設置完了です。

 

詳しい使い方は、Contact Foam7公式サイトをご覧ください。

 

プライバシーポリシーを作成する

プライバシーポリシーとは、個人情報保護方針と呼ばれるもので、個人情報を取得した際、その情報の利用目的や管理方法などを記載したものです。

 

ブログを始めると、お問い合わせからだったりアクセス解析からだったりと、少なからず個人情報を取得する機会があります。

 

その取得した個人情報をどのように利用するのかを、プライバシーポリシーとして明記しておかなければなりません。

 

プライバシーポリシーがあることにより、読者に安心感を与える効果もあるので、この機会にプライバシーポリシーも作成してしまいましょう。

 

➡当ブログのプライバシーポリシー

 

プライバシーポリシーの記載内容
  • 個人情報の取り扱いについて
  • cookieの使用について
  • 著作権について
  • 免責事項について

 

これとは別に利用するサービスやツールによって記載しなければならないものもあります。

 

例えば下記のようなものです。

 

  • Googleアドセンス
  • Googleアナリティクス
  • Amazonアソシエイト
  • お問い合わせ・コメント

 

利用するサービスによって、プライバシーポリシーへの明記が義務付けられています。

 

これらのサービスを利用する場合は、各サービスの利用規約をよく確認してプライバシーポリシーへ反映させていきましょう。

 

ASPに登録する

さて、ブログで収益化を考えているのなら、ASPへ登録しなければなりません。

 

ASPとは、Affiliate Service Provider(アフィリエイトサービスプロバイダ)の頭文字を取った略称で、広告主とアフィリエイターを繋ぐ仲介業者の事です。

 

ASPに登録しなければ広告を扱えないので、ブログを開設したこのタイミングで登録しておきましょう。

 

ブログを開設したら、最初に登録しておきたいおすすめのASPを紹介しておきます。

 

おすすめASP

 

これらのASPは、アフィリエイトで稼いでいる人がほぼ登録しているASPになります。

 

ASPへの登録は、5分もかからないし、無料で登録できるので、この機会にぜひ。

 

こちらの記事で、おすすめASPについて詳しく書いていますので参考にしてください。

 

まとめ:Wordpressブログを楽しもう

WordPressインストール後の初期設定については以上になります。

 

いかがでしたでしょうか。

 

初めは誰でも初心者です。

 

WordPressも最初は何が何やらわからないことだらけでしょうが、触っていくうちにどんどんできるようになってきますよ。

 

この記事を読んでスムーズにブログ運営が始められば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

それでは楽しいブログライフを。

 

シュガーでした。